百間川大水尾旧堤

元禄5年(1691)に津田永忠が開発した沖新田を通る百間川の治水対策として、彼が日本で初めて考案した「河口部遊水池+河口水門」システムで、遊水池を囲む堤防が現存しています。現在は、新たに築かれた堤防の居住地側に位置し、延長約500mを残しています。

岡山藩郡代 津田永忠 の事績を岡山世界遺産に