大多府漁港元禄防波堤

瀬戸内海の大多府島に元禄11年に岡山藩が津田永忠に命じて築港させた大多府港の施設です。2段に石を積んだ構造で、曲面形状になる堤の築造技術にはみ るべきものがあります。長年の使用で随所に補修の跡はみられますが、わが国で現存する数少ない明治以前の防波堤の中で、最も優れた構造物の一つとされています。

岡山藩郡代 津田永忠 の事績を岡山世界遺産に